看護師が激務であると考えている人は多く、実際に多くの看護師が大変な毎日を送っている。拘束時間だけでなく、看護師は技術の進歩と共に新しい知識も吸収しなければならず、その点がさらに忙しさに拍車をかけていると言っても過言ではない。看護師は多くの病院やクリニックで引く手数多ではあるものの、それは人手不足によるものでもあり、人手不足から来る忙しさも無視できない。とはいえ、看護師が激務な毎日から離れる場合、転職が一番の解決策になることは間違いないだろう。診療科や働く施設によってそれぞれ忙しさや覚えることの多さに違いが生まれることもあり、忙しさよりもプライベートの充実を図りたい人にとっては有効な手段となる。

例えば、眼科は他の診療科に比べて負担の少ない診療科として知られている。目というデリケートな箇所を取り扱うために、看護師よりも医師の働きが重要となるため、看護師は基本的にサポートに回るのだ。清潔さも保証されているため、清潔な職場で働きたいと考えている看護師にも魅力的な職場だ。ただし、スキルが偏ってしまったり、すべての職場が負担が少ないとは限らないことも注意が必要だろう。また、眼科は夜勤もないため、育児との両立をしている人にも働きやすい職場は人気が高く、競争率が高いことも否定できない。

このように、診療科によって忙しさは大きく異なるため、看護師として働きながらも激務な毎日は避けたいと考えている人は転職を考えることで解決を図ることができるのである。
※解決策はここにも!→→→ 激務と戦う看護師達 ←←←